ネクタイクリーニングはなぜ必要?料金やおすすめサービス、自宅でできるケアも紹介!

ネクタイは洗濯機で洗うことができないので、クリーニングに出さなければいけません。

でもわざわざネクタイをクリーニングに出すのは面倒ですよね。

そもそもなぜネクタイはクリーニングに出さないといけないのでしょうか。

ネクタイのクリーニングの必要性や、忙しい人でも利用しやすいおすすめの宅配クリーニングをご紹介します。

ネクタイクリーニングが必要なのはなぜ?

ネクタイクリーニングが必要な理由は2つあります。

  1. ネクタイにつく汚れの種類が多い
  2. ネクタイの生地は洗濯不可

ネクタイは、柄が入っているものが多いので、ぱっと見では汚れていないように見えますよね。

でも、実際は目に見えない汚れがいっぱいついているんです。

「じゃあ洗濯機に入れて洗えばクリーニングはいらないよね?」

自宅で洗濯機で洗えれば簡単ですが、ほとんどのネクタイは洗濯機で洗えません。ネクタイをわざわざクリーニングに出すのは面倒でしょう。

しかし、ネクタイクリーニングの必要性がわかれば、すぐにでもクリーニングしたくなると思います。

⑴ネクタイには汚れがたっぷりついている!

ぱっと見ではキレイなネクタイですが、実は色々な種類の汚れがついている上に、自宅では選択できないデリケートな生地なので厄介なんです。
ネクタイは胸元に飾るものなので、汗や皮脂だけではなく、食べこぼしや飲みこぼしなど、飲み食いするときの汚れが付着しています。

特に、仕事のランチでラーメンやそばなど、汁物を食べることが多い人は要注意です!
汚れが目立ちにくくても、汚れを放置し続けていると、雑菌が繁殖してニオイが発生します。

ニオイ対策にファブリーズなど消臭スプレーをかけても、ネクタイの生地はデリケートなシルクなので、スプレーでシミができることもあるのです。

⑵ネクタイは洗濯機で洗えない

ネクタイの生地がシルク製の場合は、洗濯機を使って洗ったり、アイロンをかけたりと自分でお手入れするのは難しいのです。
ほとんどのネクタイはシルクで作られていることが多く、ネクタイに「洗濯不可」というタグがついています。
ネクタイの汚れ自体は、洗濯機でも落としやすい汚れですが、シルクは水に弱く、繊維の形が変わって劣化してしまうのです。

さらに、ネクタイを洗濯してアイロンをかけると、くたびれたような仕上がりになってしまいます。
シルク製の生地じゃない、洗濯可能な生地のネクタイなら問題はありません。

でもネクタイの持つ高級感は、シルク製だからこそ生まれるものなので、手持ちのネクタイを全てシルク製以外のものにするのは気が向かないでしょう。
クリーニング店でネクタイの洗浄を任せれば、生地を傷めない専用洗剤で洗い、アイロンがけもプロが行ってくれるので、新品のような仕上がりにしてもらえます。

ネクタイクリーニングの方法

ネクタイのクリーニング方法は、ドライクリーニングという方法で生地を傷めない洗浄方法です。

ドライクリーニングとは?

水を使わず、石油由来の溶剤を使って汚れを落とすクリーニング方法です。
水を使わないので、水に弱いシルクを傷めずに洗えます。

水洗いをすると、生地が摩擦で傷んでしまうのですが、溶剤を使えば摩擦が少ないので、生地のダメージが少ないのです。
ここまで聞くと、自宅でも溶剤さえあればできそうな洗い方ですよね。
ネクタイのクリーニングで大事なのは、洗い方だけではありません。
洗ったあとのケア、仕上げの作業こそプロの手が必要なんです。
ネクタイの生地を傷めることなく、型崩れが起こらないようにネクタイを整えます。

ドライクリーニング以外では、汗抜きクリーニングやWクリーニングという方法もあります。
汗抜きクリーニングの洗浄力は、ドライクリーニングよりも強力です。
ニオイを落とす効果も高いので、汗をよくかく人やタバコを吸う人、接待で焼き肉などニオイの強い食事の席に出ることが多い人は、汗抜きクリーニングでオーダーすると良いでしょう。
特にWクリーニングは、汗や皮脂といった油分と水溶性の汚れどちらもしっかり落とせます。
クリーニング店でしかできない洗浄方法、仕上げ作業で、デリケートなネクタイもまるで新品のような仕上がりになるんですね。

ネクタイクリーニングをする頻度

「でも毎週、毎月と定期的にネクタイをクリーニングに出すのは面倒」

ネクタイクリーニングの頻度は、毎週、毎月と高頻度で行う必要はありません。
年に4回、季節ごとに衣替えと合わせてクリーニングに出せばOKです。

もし、目に見えるほど汚れがひどい場合は、個別でネクタイクリーニングに出しましょう。

「あとでまとめて出せばいいや」

と、後回しにしてしまうと、シミが生地に染み付いてしまい、汚れが落ちにくくなってしまいます。
衣替えの時期なら、ネクタイ以外の衣類や布団などもクリーニングに出しますよね。
他のものと合わせてクリーニングに出してしまえば、手間も時間も節約できます。

ネクタイクリーニングの料金はどれくらい?

クリーニング店によって細かな違いはありますが、相場は400円〜500円程度です。

お気に入りのネクタイをクリーニングに出すなら、オプションで撥水加工をつけてもらいましょう。

オプション料金は追加で300円程度です。

撥水加工をすれば、飲みこぼしや食べこぼしなど、水溶性の汚れがつきにくくなります。

効果は半年ほど続くので、衣替えシーズンのたびにネクタイをクリーニングに出し、オプションで撥水加工をすれば、ネクタイがより長持ちしますよ。

ネクタイクリーニングでおすすめの業者2選

「仕事で忙しくてクリーニングにネクタイを持って行く時間がない!」

そんな方におすすめなのが、スマホやパソコンから申し込み可能、自宅まで衣類を取りに来てくれる宅配クリーニングが便利ですよ。

ネットで申し込むと聞くと、任せるのが不安に感じるかもしれませんが、最近は宅配クリーニングを利用する人が多く、特に衣類を数ヶ月預けて保管してもらえる保管サービスは大人気なんです!

今回は、ネットの宅配クリーニングの中でも、特に評判が良くクリーニングの技術が高い、コスパも文句なしの会社をご紹介します。

ネクタイクリーニングなら個別料金制がおすすめ

コストを抑えてネクタイクリーニングを利用するなら、ネクタイ1本1本に料金が付いている個別料金制がおすすめです。
宅配クリーニングの料金制度は、衣類1点ずつに料金が付いている個別料金制と、衣類をまとめて出すパック料金制があります。

パック料金制は、安い宅配クリーニングでも1着に500〜600円はかかりますが、個別料金制でネクタイ1本なら350〜400円程度で利用できるんです。
例えば、5点セットで3,592円のパック制でネクタイを5点預けるより、1本350円の個別料金で5点預けた方が安くなります。

追加料金がかからないクリーニング店を利用しよう

ネクタイクリーニングでお店を選ぶときは、シルク製ネクタイでも追加料金がかからないお店を選びましょう。
お店によっては、シルク製のネクタイは素材別の追加料金がかかることがあるからです。
素材料金を取らないお店なら、1本300〜400円とリーズナブルな料金のままクリーニングしてもらえますよ。
また、ネクタイはシミができやすいので、シミ抜き加工が無料サービスになっているお店も良いですね。

リネット

リネットは、三越伊勢丹やアパレルブランドと提携する大手の宅配クリーニングです。
ネクタイは1本500円台なので、他社のリーズナブルなパック料金制を利用するよりもコストを抑えられます。

会員数は30万人以上、地域によって違いはありますが、最短1日でクリーニングが完了する速さは業界の中ではトップクラスです。
1週間以内なら再仕上げが無料ですし、シミ抜きも無料で行なっています。
シミ指定をしなくても、検品時にシミを確認すればシミ抜きをしてもらえるので、クリーニングに出す前に自分でシミの有無をチェックする必要がありません。

お気に入りのネクタイには、追加料金で撥水加工もプラスしてみましょう。
リネットの撥水加工は、水や油汚れ、花粉にも強い特別な撥水加工を施し、ネクタイを長持ちさせます。
リネットのネクタイクリーニングは、「ネクタイはシルク製がほとんどだから」という理由で、リネットでは素材別の料金を取っていません。
ホームページにしっかりと素材別料金を取らないことが明記されているので安心です。

ネクシー

ネクタイにはこだわりがあり、たくさん持っている人におすすめなのが、ビジネスコースに加入してお得になるネクシーです。
ビジネスコースなら、ネクタイ1本にかかる料金が300円台になる上に、スーツやワイシャツ、ジャケットなどビジネス衣類のクリーニング料金も安く抑えられます。
最短でも6日はかかりますが、急ぎではなく、クリーニングしたいネクタイの量が多いなら、ネクシーがおすすめですね。

ネクタイを長持ちさせる日々のケア

ネクタイを長持ちさせるためには、衣替えごとのクリーニング以外に、日々のお手入れも欠かせません。
日々のお手入れでは、次の3つのケアを行なってください。

  1. ネクタイは数本使いまわそう
  2. ブラッシングをして汚れをこまめに落とす
  3. アイロンのスチームを当ててニオイを抑える

⑴ネクタイは数本使いまわそう

2〜3本のネクタイではなく、最低でも5本以上、できれば10本はネクタイを用意して使い回しましょう。
2〜3本のネクタイを使いまわすと、頻繁に使うことで汚れがつきやすくなりますし、干してニオイを抑える時間も取れません。

ストックに余裕があれば、ネクタイを陰干ししたり、アイロンをかけてケアできるので、ニオイを防げます。
ネクタイを干すときは、専用のハンガーにかけてくださいね。
丸めたり、折って保管すると、シワができたりよれやすくなります。
干す場所は直射日光が当たる場所を避け、できれば風通しの良い場所にかけるようにしましょう。

⑵ブラッシングをして汚れをこまめに落とす

獣毛のブラシでネクタイをブラッシングすると、細かい埃や汚れを落とし、汚れが蓄積するのを防げます。
ネクタイの生地はデリケートなシルクですが、豚毛など獣毛ブラシならブラッシングをしても傷つきにくいのです。
ブラッシング方法は簡単です。
ネクタイの真ん中部分から端まで、力を入れずにやさしく2〜3回ブラッシングします。
こまめなブラッシング習慣で、汚れが溜まることによるニオイの発生が防げますし、シミに早く気付けますよ。

⑶アイロンのスチームを当ててニオイを抑える

アイロンのスチームを当てれば、気になるニオイが取れます。
ニオイ成分がスチームで分解され、さらにアイロン効果でシワも伸びてキレイに整えられますよ。

ネクタイにアイロンをかけるときは、ハンカチなどあて布を当てて、130〜160度の中温でかけます。
アイロンをネクタイに当てずに、2〜3センチ浮かせた状態でスチームをあてるのがコツです。
シワがあるときは、何度かシワ部分を往復するようにスチームをあてると、軽めのシワなら取れますよ。

ネクタイクリーニングを自宅で行う方法

ネクタイクリーニングは、プロに任せるのが確実ですが、目立ちやすい汚れがついたときは、自宅でできる汚れ落としをするとシミになるのを防げます。
使うのは、「ベンジン」という有機溶剤です。

ドラッグストアで販売されているので、手軽に購入できますよ。
ベンジンを使ったネクタイクリーニングの方法をご紹介します。
接待が多く、スーツで食事をする機会が多い人は、自宅クリーニング用にベンジンを常備しておくと便利ですよ。

ベンジンを使ったネクタイクリーニング方法

用意するもの
  • ベンジン
  • 汚れてもいいタオル
  • 使わない歯ブラシ
  • 食器用の中性洗剤

①ベンジンは石油のような強いニオイがするので、作業前に必ず窓を開けたり、換気扇を回して換気できるようにしましょう。
②ネクタイの目立たない部分に少量のベンジンをつけて色落ちテストをしてください。5分経って生地に異常がなければ、作業を開始します。
③シミにタオルを当てて裏返し、裏側からベンジンをつけた歯ブラシでシミ部分を叩きます。
④何度か叩き、タオルにシミが移ったのを確認したら、風通しの良い場所にネクタイを干して乾かしましょう。

ベンジンをネクタイクリーニングに使うメリット

ベンジンを使えば、水洗いでネクタイの生地を傷めずに汚れを落とせます。
ベンジンは揮発性のある液体なので、水洗いをして汚れを落とす必要がありません。
ネクタイの他に、洗濯不可のスーツのシミ抜きにも使えますよ。

ネクタイはクリーニングに出して長持ちさせよう

ネクタイを定期的にクリーニングに出せば、汚れやニオイをしっかり落とせて長持ちできます。
ネクタイはシルク製で自宅で洗濯ができないアイテムなので、クリーニングに出さないと汚れが溜まってニオイが発生してしまいます。

プロの手に任せれば、汚れや頑固なシミも取れますし、シワも綺麗に伸ばせて新品同様になって戻ってきますよ。
清潔なネクタイがあれば、仕事にも気合いが入るでしょう。
衣替えシーズンには、他の衣類だけではなく、ネクタイもクリーニングに出すのを忘れずに!